カスタム姫相撲

3Dカスタム少女で相撲という誰得な所業をあれこれと。

「女同士で相撲節会」の発展的後継ブログとなります。
一旦リセットして、あらためてカスタム少女相撲関連を扱うブログにします。
古い方は削除しても良かったんですが、過去ログを漁ることもあるんで暫く残しておきます。

既に常套手段となったブログ長期放置 → 復活の流れw

PIXIVやFANBOXでは表現しづらいこともブログでなら出来る!
ということに唐突に気付きました。

鉄は熱いうちに打ってみっか!

3Dカスタム少女で姫相撲を表現していく過程を当ブログで綴っていますが、いよいよMOD作りに手を付け出した段階を語りたいと思います。

せっかくだからレイアウトも変えてみるよ。

自分でやるしかねぇ

MOD作成というものを非常にハードルが高いものであると思い込んでいました。
選ばれしMOD職人と呼ばれる一握りのエリートが作るものなのだ、と。
しかし待てど暮らせどまわしMODを作ってくれる職人さんは現れない。
カスタム少女で相撲などという超ニッチなMODを作ろうなんて人は居ないわなw
カス子を始めて、ふんどしで相撲を取らせて、既に2年が経過していました。
遅れ馳せながらようやく気づいたんです。こりゃ他力本願は無理だ。自分でやるしかねぇな、と。

アットウィキ

カスタム少女を購入した人が操作方法の壁にぶつかった時に必ず訪れるサイトがここです。


単なるQ&Aサイトに留まらず、実はMOD制作や改造の方法も書かれているのです。
MOD作りなど無縁と思っていた私はこのコーナーを読んでいませんでした。
が、遂にここを参考にメタセコイアでの3Dモデリングを始めたのです。


アイスバーとは何か?

A8D291EA
A8D9FEA8
コレです。
はじめて自作したメタセコイア3Dデータであり、カス子MOD化させた記念すべき作品です。

初MOD作ってみて

どうだったかと言われれば、案外簡単に出来るもんだな、とこれまで勝手にハードルを上げまくっていた行為に対し拍子抜けした部分もあります。
でも、自分のアイスがカスタム少女の一部品として組み込まれて画面上でグリグリと動かせる点は無条件に感動したのも事実。

@ウィキの記事に書かれていることを素直にトレースしていけば必ず完成にこぎつけられます。
などと簡単に書いていますが、これはメタセコの操作方法から図解入りで懇切丁寧に記事にされた作者さんの偉業です。
ある程度メタセコ操作が理解できている自分が同じ記事を今読み返してみると、初心者が覚えておいて損は無いテクニックがそこかしこに散りばめられていて実際凄いことがよくわかります。

作者さんはこの講座の冒頭にこのように書かれています。

自分が初めてMODを作るとき
ファイルを解凍しても何がなにやら分からず、3Dモデリングの知識すらもなく
ただひたすらに混迷を極め、時間と精神力を徒に摩耗していったことを覚えています
自分と同じような、初心者の人たちのMOD制作の手助けになればと思い
自分の試行錯誤の範囲で分かったことをまとめました

この項目に書かれていることを真似すれば恐らくあまり迷うことなくMODを制作できると思います
ですが誤った情報、適当ではない手法なども多分に書かれていると思います
わかりやすさを重視しているため非効率的な段階を踏んでいる場所も少なくありません
このページは記されている手順の通りに進めるためのものとしてではなく
MODの中身を理解する手段の一つであるということを理解し読み進めて貰えるとうれしいです

これですよ。
自分や、この記事を参考にしてMODを作り始めた人たちは、こうした先人の試行錯誤の果てに知識を吸収できたわけです。
もう感謝しかありませんね。


で、どうなった?

すこし端折って書きますが、アイスバーMOD化を完成させた勢いを駆って、いきなり相撲まわしMOD作成に取り掛かりました。
その時の様子をPIXIVに綴っていますのでご紹介します。
投稿した絵よりキャプションを読んでいただいた方がいいかもしれません。


投稿日の2013年10月14日(月)は体育の日で祝日。つまり12,13日の土日から3連休を使ってMOD作業をひたすらやってたっぽい。(6年前のことなので本人もよく覚えてないです)
多分、12日(土)にアイスバーを完成させてMOD作りの基礎と流れを掴んだその勢いでまわしMODの作成に取り掛かったものと思われます。
当然のことながらアイスバーしか作った事のない者がすんなりとまわしなど作れるはずもなく、トライ&エラーを繰り返しつつ3日目も日付が変わろうかという時間帯にようやくモノになったわけです。
まぁノリと勢いでここまで突っ走ったんだなぁと過去の自分に驚くとともに、やればできるじゃん俺、と少しだけ自分を褒めてあげます。

さて、次回はまわしMOD作りについて掘り下げたいと思います。
では、またー!


今回はピクシブに上げた自分の姫相撲作品を振り返ってみます。
下手糞だった頃の作品を今見返すのは赤面物ですが、我慢我慢。

日付を見ると2011年5月初旬。GWの真っただ中に外出もせずシコシコとポーズ作っちゃSS撮ってたんですねぇ自分はw




使用してるMODはカス子付属のデフォボディ、同じくデフォの髪型、デフォの瞳に試作・ふんどし。
当時は長身スレンダー同士の相撲が好みだったせいか、頭身が高い!
好みの問題だけじゃなく、ポーズ操作の技術が未熟だったのもあり、相手のまわしに手が届かないから手足の長いボディを選んでたのと、密着すると相手の身体に腕がめり込むから細身にしてたという苦し紛れの理由もあるんです。
今なら二の腕や上腕部のボーンをこっそり伸ばして相手のまわしを掴ませるとかの裏技もあるけど、あの頃はそんなこと全然知らないしw

だけど発表から6年が経つというのに未だ☆が付いたり、ブックマークしてくれる方が稀にいらっしゃる。
下手糞なりの勢いが評価されてんのかな?



それから約2年半が経過し...
ちょっとは技術的に進歩したという自負があったんでしょう。
同作のリメイクを作ってます。



コミPo!という漫画作成ソフトも導入してます。コマ割りを入れ、効果線や漫符も配置して動きを表そうとしてますね。
初版に比べると頭身が下がってます。ボディもDLしたものに変更されてますね。

そしてまわし・・・

いやこれ、厳密にいうとまわしじゃないんですw
キャラが身に着けてるのは例の、試作 ふんどし なんですよ。

ふんどしじゃないだろう、前垂れがないじゃないか というツッコミは当然お受けします。

それじゃ、どういうことかって? こういうことです。



はい、まわし一丁につきいちいち塗ってますw
今思うと阿呆なことしてましたねぇ...コマ数から見てもどえらい手間ですよコレ。

だけどカス子でここまでのビジュアルを手に入れちゃうともう素のふんどしでは満足できなくなります。

それでも当時の自分が最後のページに書いてますけど、まーだ誰かにまわしMOD作ってもらいたい的な他力本願な考えを持ってたんですねw
MOD改造なんて専門知識を持ったPCのプロ(?)がやるもんだ、という先入観を捨てきれてないのがよく判ります。

この過程でカス子SSをレタッチソフトで加工する、という技術は身に付いたものの、一枚作るのに大変な手間が掛かるのには正直閉口しました。(一から手で描いてる方には当たり前の工程なんでしょうが…)

やっぱりSSへの加工は最小限に留めたい、ということで、いよいよまわしMODの作成に踏み切る決心を固めることになります。
2017May3_001~GIMPで画像加工を施し、コミPoで効果線と吹き出しを付け加えたもの~

「試作 ふんどし」(XPC00667)が配布された時、色の選択肢などは無く白一色のみのシンプルなものでした。
ところが形状は「試作 ふんどし」なのに黒・赤・ピンクなどカラフルなふんどしを身に纏ったカス子SSがピクシブにアップされたことがありました。(そのSSは2017年5月現在削除済み)
イメージカラーという言葉の通り、色はキャラの個性を特徴づける強力な武器となるので、これは是非入手したいと思いました。

そこで居酒屋はじめ色々なアップローダーを探してみたものの見つけることはできませんでした。
多分作者が自家消費用にカラバリを増やしただけで、どこにも配布はしていなかったんでしょう。

「無いのか... 残念だなぁ」
と、それまでの自分だったら諦めていたんですが、カスタム少女で相撲を表現しようという行為自体が既に茨の道。
プロレスやボクシングなどメジャーなジャンルには作者がそれ相応に居てMOD開発も盛んに行われていましたが、相撲に手を付けようなんて奇特な人はそうそう居ません。
つまり欲しいと思ったMODは待ってても出てくるわけがない。自分で作るよりほか無いということです。

この辺りからMODは既製品をダウンロードするもの、から、自分が欲しいものに改造する、へと意識が変わっていきます。
その取っ掛かりとなったのがふんどしのカラーバリエーション追加でした。
こういう時、ピクシブのタグ『3Dカスタム講座』が役に立ちます。
基本的なカス子の使い方から画像の加工方法、MOD改造方法まで多岐に渡る講座が用意されていて、自分も大変お世話になりました。

その中から実際にカラバリ追加の参考にした講座が以下の通り。







3分割されていてかなり読み応えがありますが、久し振りに読み返してみたらこれはMOD改造のやり方そのものじゃないか! と目ウロコもんの内容でした。『色を追加する』というテーマに特化しているため、そうは見えないかもしれませんが、キチンとMOD改造のポイントを押さえてあります。

・tahファイルの展開
・tsoファイルの追加、書き換え
・追加したtsoに紐づけるpsd、tbnファイルの追加
・tahファイルへの再梱包

かなりざっくりですが、MOD改造って必ずこの手順を踏むんです。それがとても判りやすく書いてあります。

MOD改造をしてみたいけどどこから始めたらいいか判らない、という方は上記を参考にカラバリを増やすところからスタートしてみると良いと思います。メタセコイアなどを弄るようになっても必ず上の手順は付いて回りますので。



さて、
自作のカラーふんどしをキャラにまとわせた絵がこちら。



色が付くと華やかになりますね。

今のキャラに装着させてみるとこんな感じ。
7B979DC4

今やまわし姿の方が見慣れてるんでちょっと違和感w

ともあれ、MOD改造への小さな一歩を踏み出した時のエピソードでした。

当然のことながら、相撲を取らせるには力士が2人必要です。
本来なら土俵上に行司も居るべきなので3人登場させなければいけませんが、操作が煩雑になるのと視界が遮られることがあるので、私は行司を割愛しています。

*TIPSと言いつつも基本的なことなのでこの方法知ってるよ、という方はすっ飛ばして下さい。

さて。
カス子は初期状態では1人しか出現しません。
ここでは対戦相手を呼び出す方法をご紹介します。 

1)カス子を起動し、片方の姫力士を呼び出します。
6B113F0A



















2)ポーズエディタに移行します。
6B113F0A2
3) 選択ボタン(?)を押してパーツ選択画面に戻ります。
6B1145CC
4)キーボードのCTRLを押しながら2人目のキャラをクリックします。
6B113F0A3
5)2人目が出現しました。
6B11432E
で、コレが
6B11572E
コウなり、
6B115D28
更に、コウなるッ☆♪
6B116552
うほほーい
6B116C6E
勝負の結末は例によってご想像にお任せ。 

たまにポーズデータを配布してほしいとおっしゃる方が居ます。
カスタム少女で相撲のポーズを作る人ってすごーく少ないですからね。

でも自作ポーズをそのまま使われるのも何か嫌だなぁ、とこれまで配布には応じてきませんでした。
翻って、ポーズ作成って面倒くさいしカス子の操作がよく判らんという気持ちも痛いほどワカリマス。
現に私もその道を通ってきましたから。

なので条件付きでポーズデータを本ブログで配布します。
その条件とは・・・

・表情をF6リセットした状態で配布します。

表情って作者の個性がそのまんま出るんですよ。
動かせるボーンの数に限りがあるのに、不思議と同じ顔にはならない。
独特な表情を持つSSなどは見ただけで作者を言い当てられるくらいです。
なのでポーズはそのまま使ってもらって構いませんが、表情だけは使う人のオリジナリティを出していただきたいと思う為リセット状態(=無表情)で配布します。
ご理解いただきたくお願いします。

さて、ではどのポーズにしようかな、と思案して決めたのがこちら。 6AB472B6
前回ご紹介した海女さんのライバル取組の模様。

そんで、ポーズデータがこちら。
 tdcgpose tdcgpose
画像を右クリック→名前を付けて保存して下さい。保存先はposeフォルダです。
この時、拡張子がファイル名.pngになっているのでファイル名.tdcgpose.pngに書き換えて下さい。

表情をリセットしてるのでなかなか間抜けですw
あと、握ってる手の位置が海女さんフンドシの高さに合わせてあるので、相撲まわしや試作ふんどしMODで再現する場合は微調整が必要になります。
頑張って力闘してる形相を作ってみてくださいね。

ではー。

↑このページのトップヘ